AndroidのUI/UXデザイントレンド 2014

ABC2014のカンファレンスをサクッとまとめてみます。
【UI/UXデザイントレンド 2014】登壇者:佐藤 伸哉様

去年1年間のデザインに関して
iOSまわりではスキューモフィズムという素材感や立体感を重視した
リアルっぽいデザインが流行った。
それがiOS7あたりでは徐々にフラットに寄ってきた所

AndroidではOS「Kit Kat」では完全フラットになっており
Google のフラットデザインガイドラインも更新されている
image

Androidのデザインの移り変わりを見ていってみましょう
【2011年】
最初からデザインは立体感のあるスキューモUIだった。
image

 

【2012年】
デザインのガイドラインが定義され、Androidらしいデザインが固まってきた。
シンプルな線画のイラストが好まれている、色味はマット、暗めなデザイングリッドだったりボーダレスUIというのが流行ってきた
image

【2013年】
デザインは、カラフルかつ明るい方向へ
白地+ビビッド+カードUI
GoogleNowあたりが分かりやすいカードUIにドロップシャドウを入れて軽い立体感を出す傾向も出てきた。
image

【2014年】(去年後半くらい〜)
Androidのスペックが上がってきているので
「背景に画像を入れてボカす」という
デザインが徐々に増えてきている。(iOSでも)

Yahooウェザーがとても素晴らしい
image


「画像ボカし」デザインの特徴は一言で言うと”ブランディング”
従来の白ベースのデザインだと特徴付けやイメージ付けが難しかったのだが
ひと目でアプリの世界観を伝える事ができる。
Androidの話をするとActionBarもすりガラスにするのもトレンド!
GlassActionBar
https://github.com/ManuelPeinado/GlassActionBar


【今後のデザインのトレンド】
《サークルUI》 
徐々に増えてきているのがサークル(円)を使ったデザイン
最近のAndroidアプリのアイコンも丸いデザインになっている

これは↑のYahooウェザーのようなボーダーレスUIに対する
シンプルな回答であり、どこを押して良いのか分からないUIの
問題を解決してくれる。

最近ではGoogle社員の作ったアプリの
「muzei」
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.nurik.roman.muzei&hl=ja

でも使われていて、話題になった。
image

更に
Googleが最近発表した時計型Android 《Android Wear UI》
image

このデザインにもGoogleの最先端のデザインが詰め込まれている

GoogleNowのような
「白貴重」+「カード風」+「写真の背景ボカし」
はもちろん、よく見るとサークルのアイコンも使われており
徐々に上記のサークルデザインが主流になるはず。

だそうです。

2014年はサークルUIに注目してみると良いかもしれません。

以上のように
Googleのデザイントレンドを追ってみてきたのですが
端末スペックやユーザーの触れるもの、iOSなどの
ライバルOSのデザインなどによってどんどん変化していく

ファッションのように毎年トレンドがあるので
しっかり情報を収集していかないと、
どんどんおいて行かれてしまい、
ダサいアプリしか作れないようになってしまうなーと再確認

Androidで違和感がないデザインを参考にするのであれば
Google純正アプリまわりを参考にすると良さそうでした。
GooglePlay
GoogleMusic
GoogleNow
Gmail
GoogleDrive
などなど…

更にデザイン関連の情報収集は
AndroidNiceties
http://androidniceties.tumblr.com/

というサイトに良いUIのアプリが集まっているので
そこをチェックすると良いとの事でした。

個人的にはPinterestで
App UI/App UX/App design/
などのワードで検索するのも良いかなと思っています。

流行をしっかり知りつつも振り回されないように、
作りたい物の本質を見て最適なデザインを考えたいですね!