SNSの登場によって情報が溢れている現在
伝えたいことや大切にしていることが情報に埋もれて届かない

そんなことは今となっては誰もが抱える悩みかもしれません

今日はこれを読んでいる人の発信が少しでも、多くの人に伝わるようにするために
「セルフブランディング」について超簡単に書いてみます。

ブランディングに関しては本当に沢山のアプローチがあります。

ただ、どんな手法を取ったとしても大切なのは

「顧客について考える」ということ

あなたが担当する商品やあなたという商品が存在するためには

手に取ってくれたり、レッスンに来てくれるお客さんがいるからです。

ということで、まずは
「顧客から考えるブランディング」を5つのステップでやってみましょう

1.顧客について思い浮かべる

お客さん、生徒の事を思い浮かべて下さい

沢山いる場合は、商品や自分の事を好きでいてくれる印象の強い人を

そして、同じカテゴリーの人よりも違うカテゴリーの人をリストアップしてみましょう

2〜3人出たら最高

2.ニーズについて考える

1で考えた顧客が「どんな目的で使っているか?レッスンならどんな目的で通っているか?」を考えてみましょう

このニーズというのがとても大切で、これは最後にも出てきます。

3.競合について考える

次は1で考えた顧客が「他のどの商品を買っているか?誰のレッスンに通っているか?」を書き出してみましょう

書き出せたら、競合の強みと弱みを書いてみましょう

※ライバル視するためではありません、自分の弱み、強みの基準を作るため

4.自分の強みについて考える

競合の強みと弱みが把握できたら

相対的に自分の強い所と弱い所を書き出してみます。

成功体験を思い出したり、インスタのストーリーなどで「私の強み(私の良い所)ってどこだと思いますか?」って聞くと沢山来るはず

自分だけの強みが出たら理想的、出ない人もいるだろうけど これは常に自問自答しなければならないはず

※弱みは課題が出た時に把握できるようにしておけばOK

5.顧客のニーズについて考える

「お客さんのニーズ」×「自分の強み」がマッチしている状態が

ブランディングが上手く行くためには必要な条件になります。

マッチするものがあった場合は、もっと良くできないか?

マッチするものがなければ、作り出せないか?ニーズを満たすために弱みを伸ばせないか?

などのヒントが見つかったら最高です。

まとめ

自分の強みを知るためにも顧客から競合を知る

ニーズを知るためにも顧客を知る

これから出していきたい強みがある人もまずは小さくはじめて、実際に顧客となる人に向き合い、良い所を伸ばしていけるとブランディングがうまくいくはずです。

とにかく大切なのは「顧客起点」

今一度じっくりお客さんを観察してみると良いかもしれません